Tooth Decay
一般歯科・訪問歯科について

虫歯の進行と治療方法

進行度ごとの虫歯治療

進行度ごとの虫歯治療

虫歯は、初期段階では痛みがほとんどないので、気づかずにそのまま放置してしまう方が多くいらっしゃいます。気づいた時には、虫歯が悪化して最終的には抜歯しなければならないこともあります。お口の中に違和感がある方は、虫歯の早期発見・早期治療を大切にして、できるだけ早く歯科医院に相談しましょう。

大阪府平野区で地域に密着した歯科治療を提供する「たかやま歯科クリニック」が、虫歯の進行とその治療方法についてご紹介します。

虫歯の進行と治療方法

進行段階 症状・治療法
C0
初期虫歯
C0 初期虫歯

【症状】
歯の表面のエナメル質が溶けて白く濁って見える状態。
痛みもなく、自覚症状はありません。

【治療法】
ブラッシングなどのセルフケアの徹底やフッ素塗布などで歯の再石灰化を促します。

C1
エナメル質の虫歯
C1 エナメル質の虫歯

【症状】
虫歯菌が出す酸によって、歯のエナメル質が溶かされ小さな穴があいている状態。
早期の治療を行うことで、歯を削る量も抑えることができて、
治療期間を短縮することができます。

【治療法】
虫歯部分だけを削り、レジン(歯科用プラスチック)で患部を隙間なく埋めます。

C2
象牙質の虫歯
C2 象牙質の虫歯

【症状】
虫歯が、象牙質に達した状態。
冷たい物や熱い物を食べたり、歯を触ったりすると痛みを感じます。

【治療法】
虫歯に侵された部分を削り、歯科用プラスチックで患部を塞ぎます。
神経に近づくにつれて痛みを感じるので、
麻酔処置を施してから治療を行う場合もあります。

C3
神経に達した虫歯
C3 神経に達した虫歯

【症状】
虫歯菌が、エナメル質と象牙質を溶かして虫歯菌に侵された状態。
歯髄炎(しずいえん)や何もしなくても激しい痛みを感じるようになります。

【治療法】
歯根内の虫歯菌に侵された神経や膿を取り除き、
専用の薬剤を充填する根管治療を行います。

C4
歯質が失われた虫歯
C4 歯質が失われた虫歯

【症状】
歯冠部分が溶かされて、歯の根だけが残っている状態。
歯の神経が死に痛みはなくなりますが、やがて膿が溜まり痛みが再発します。
また、虫歯菌が血管を通り、心臓病などの二次疾患を引き起こす危険性があります。

【治療法】
抜歯が必要になります。
インプラントや入れ歯で歯の機能を回復させる治療を行います。

訪問歯科

訪問歯科とは

訪問歯科とは

お口の中の小さなトラブルでも通院が難しいからと放っておくと取り返しのつかないことになってしまいます。ご高齢やお身体が不自由で通院が困難な方でも自宅で歯科医院と変わらない歯科治療をご提供しております。お気軽にご相談ください。

このようなトラブルもご相談ください

入れ歯

  • 入れ歯が合っていない
  • 入れ歯をなくした
  • 入れ歯の調整がしたい
  • 入れ歯を作成したい

口臭

  • 会話の時に口臭を指摘された
  • 口臭ケアをしているが効果がない
  • 臭いの原因が知りたい

飲食

  • 食事をよくこぼすようになった
  • うまく食べ物を噛めない
  • うまく飲み込むことができない
  • 食欲がない

↓

訪問歯科で解決できます

無料検診
3日以内にご訪問
診療所と変わらない治療
症状に合わせた口腔ケア

詳しくは当院までお問い合わせください。

↑