Cavity Prevention
自宅でできる虫歯予防

お子様を虫歯から守るホームケア

お子様を虫歯から守るホームケア

お子様の乳歯は、歯のエナメル質が薄く、柔らかいので虫歯のリスクが高まります。また、お子様は、自分自身で十分な歯磨きができません。そのため、周囲の大人による口腔内のチェックや仕上げ磨きを徹底して、お子様を虫歯から守りましょう。

自宅でできる虫歯予防のポイント

自宅での虫歯予防のポイントをご紹介します。ご家族で正しい予防知識を学び、お子様の虫歯予防に取り組みましょう。

仕上げ磨きは丁寧に行いましょう

ご家族の方が仕上げ磨きを行う際は、焦らずにゆっくりと行います。
焦りながら磨くと、お子様の歯茎を傷つける場合があるので注意が必要です。

頭を安定させて口腔内が見やすい位置を心がけましょう

頭を安定させて口腔内が見やすい位置を心がけましょう

お子様用の歯ブラシは、ヘッドが大きいものや毛が硬いものなど、さまざまな種類の歯ブラシが販売されています。お子様の口腔内は小さいので、奥歯までしっかりケアするために、歯ブラシのヘッドが小さいものを選ぶことをおすすめします。

歯ブラシを小刻みに動かして磨きましょう

歯ブラシの毛先を歯の表面にあて、軽い力で小刻みに動かして汚れを取りましょう。
歯と歯茎の間は、歯茎を傷つけないように優しく磨くことを心がけてください。

奥歯から磨くように心がけましょう

仕上げ磨きは、上の奥歯、下の奥歯、上の前歯の順番で磨くことで、お子様の抵抗も少なくスムーズに行うことができます。

6歳臼歯は重点的にケアしましょう

6歳臼歯は重点的にケアしましょう

6歳前後のお子様に生える奥歯のことを「6歳臼歯」と言います。6歳臼歯は、溝が深いのでプラークが溜まりやすく虫歯になりやすいです。仕上げ磨きを徹底し、定期的に虫歯がないかチェックしましょう。

↑